【応用】PLC(シーケンサ)でエレベータ制御!


【PLCシーケンサでエレベータ制御】


製作仕様

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20170831155549j:plain

一番重要なモータの選定を行います。条件は上記の条件で選定しました。7056W以上のモータが必要となり、三菱電機 SF-PR(200V-4P-7.5kW)を選定するのが良いかと思われます。ただし、モーメントやラジアル荷重などの計算は行っておらず、また、容量にも多少余裕が必要だと思いますので、設計者にて判断をして頂きたいです。

ソフト仕様

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20170831160128j:plain

制御する場合、まずどこに何の機器が取りつくかを正確に把握する必要があります。上記のような図面を製作しない設計業者も多いですが、配線業者への指示をするためにも必ず描くようにしなければならないです。

エレベータの扉はエアーシリンダを使用、エレベータがいる階層検出は回帰反射型センサを使用します(シミュレーションでは使用していません)。

今回のソフトはエレベータの上昇指令をL100、エレベータの下降指令をL300にしております。基本的に指令は停電保持を使用しておこないます。停電して再起動する時に、ダンマリ停止になるとトラブルの原因になるからです。

使用機器

PLCやタッチパネルは下記のものを使用します。

PLC :Q03UDVCPU
PLCソフト:GX Works2
タッチパネル :GT2508-VTBD
タッチパネルソフト:GT Designer3

広告