【初級編】PLC(シーケンサ)の入力、出力

今回は下記にある"【初級編】PLCとは"に引き続き、PLCの基礎である入力、出力について紹介したいと思います。

www.niwakafa.com

説明する機器は三菱電機のQシリーズです。他にも三菱電機のFXシリーズやキーエンスのKV-7000シリーズなどがありますが、これらを紹介する時以外はこれからもQシリーズで統一します。

広告

【目次】

入力、出力とは・・・

まず、PLCの入力や出力は何のことかわかるでしょうか。わかりやすい例で言いますと、入力が押しボタンスイッチ、出力がランプになります。

PLCでは押しボタンが押されているか、それとも押されていないかを判断することができ、その情報を元にランプを点灯させるかどうかを判断するようにプログラミングすることができます。

下記の応用事例でもあるオセロも、入力:押しボタン=盤面のマス、出力:ランプ=石というようになっています。

www.niwakafa.com

入力情報から出力情報へ

つまりPLCとは『入力情報から出力情報へと変換する機器』と言えます。そして、その変換する部分がプログラムになるのです。


入力機器について

QX40-S1

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20170921013141p:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20170921012826p:plain

http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/faspec/point.do?kisyu=/plcq&formNm=700005283&category=ex&id=spec
引用:QX40-S1 特長 MELSEC-Q シーケンサ MELSEC 仕様から探す|三菱電機 FA

上記画像はQX40-S1とその機器情報です。

機器情報の下部にある外部接続図の入力機器の内部を見てください。
初めて見る方は回路が複雑でわからないという人が多いと思います。逆起電力対策で抵抗を付けたり、ダイオードを付けたりして複雑に見えますが、主回路はフォトカプラです。

フォトカプラ

フォトカプラの説明は毎度御馴染みWikipediaさんに任せたいと思います。笑

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20170921022914p:plain
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%97%E3%83%A9
引用:Wikipedia

出力機器について

QY40P

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20170921013151p:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20170921012845p:plain

http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/faspec/point.do?kisyu=/plcq&formNm=700005294&category=ex&id=spec
引用:QY40P 特長 MELSEC-Q シーケンサ MELSEC 仕様から探す|三菱電機 FA

上記画像はQY40Pとその機器情報です。

機器情報の下部にある外部接続図の入力機器の内部を見てください。
こちらも初めて見る方は回路が複雑でわからないという人が多いと思いますが、入力機器同様対策をしているだけです。主回路はトランジスタです。

トランジスタ

こちらもフォトカプラの説明同様、Wikipediaさんに任せたいと思います。笑

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20170921023541p:plain
引用:Wikipedia

シンク、ソースなどがありますが、また後日紹介したいと思います。

広告