【上級編】PLC(シーケンサ)での三菱サーボモータのパラメータQD77MS設定

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213010056j:plain

三菱電機のサーボモータを使用する場合に必要であるパラメータ設定について紹介します。

特に今回は三菱電機サーボモータを位置決め制御で使用する場合に使用されるシンプルモーションユニットQD77MSのバッファメモリについて説明します。

【目次】

シンプルモーションユニット:QD77MSとは

シンプルモーションユニットQD77MSは様々な制御を行うことができます。

位置決め制御

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213003520j:plain

位置決め制御とは簡単に言いますと・・・『ここに行け!』という命令でサーボモータが動いてくれます。

同期制御

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213003538j:plain

同期制御とは簡単に言いますと・・・2軸以上のサーボモータを同時に動かす場合に使用します。
例としては2軸のサーボモータで水平斜めに移動などがあると思います。

カム制御

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213003555j:plain

カム制御とは簡単に言いますと・・・あるモータの軸と連動して動くようにする場合に使用します。
例としては、既存のカム式で動いているシステムを置き換えるなどがあると思います。

バッファメモリアドレス

広告

バッファメモリアドレスとはQD77MS⇔サーボアンプで通信を行う際に使用されているメモリであり、ここでPLCからQD77MSのバッファメモリを書き換えることでサーボアンプのパラメータを書き換えることができます。

バッファメモリアドレスの指定方法は『U?¥G***』です。
U?はPLCを構成しているQD77MSの場所chを指定します。
G***はバッファメモリアドレスを明記します。

下記にバッファメモリの一覧を載せますが、説明を始めると大変なので画像を並べるだけにします。笑

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002055j:plain

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002115j:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002138j:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002151j:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002204j:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002224j:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002246j:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002301j:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002331j:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002314j:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002346j:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002401j:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002425j:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002450j:plain
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20180213002512j:plain



終わりに

広告


今回のサーボモータのパラメータ設定は重要な項目です。
参考にしてみて下さい。

www.niwakafa.com

www.niwakafa.com