【上級編】MT Developer2によるモーションSFCプログラム講座 ー原点復帰ー

サーボの位置決め動作を行う場合、原点復帰動作が必要となります。

サーボモータの原点復帰方法はいくつかあり、その機構にあった方法を選択する必要があります。

今回は原点復帰の方法について詳しく説明しませんが、MT Developer2によるモーションSFCプログラムで原点復帰する方法を紹介していきます。

【目次】

広告


サーボプログラム編集

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20190206070059p:plain

サーボプログラムの編集を行います。

モーションSFCではサーボをどのように動かすかというのを先に設定する必要があります。

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20190206070117p:plain

軸1の原点復帰を設定します。

モーションSFCプログラム 原点復帰

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20190206070133p:plain

前回紹介しましたJOG運転のプログラムに追記しました。

www.niwakafa.com

Y/N トランジション

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20190206070149p:plain

Y/Nトランジションを追記しました。

!はOFF


『 ! 』はOFFという意味になります。

つまり、【OFFしたらYes】、【ONしたらNo】ということになります。

K0:原点復帰

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20190206070205p:plain

原点復帰 動作確認

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20190206070225p:plain

まずは以前使用しましたJOG運転を使用して送り現在位置を変化させました。

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20190206070005g:plain

B220をONするとY/Nトランジションにて原点復帰動作へと移行します。

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20190206070240p:plain

原点復帰したことが確認できたと思います。

終わりに

原点復帰動作はサーボ制御するなら必要な機能です。

しっかり基礎を学びましょう。

広告