【中級編】IAI RSELのCC-Link設定方法

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20200805222436p:plain

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20200804204004p:plain

IAIの補間制御を行う際にはSELコントローラが必要となります。

2020年、最新のSELコントローラはRSELとなります。

MSELやXSELとはハード面で異なり、2軸ずつ増設可能であり、ソフト面はSEL言語プログラムで統一されています。

そんなRSELコントローラのCC-Link設定方法を紹介します。

CC-Link接続設定方法

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20200804204040p:plain

225:I/Oコントロール 1H

226:I/O1フィールドバスノードアドレス 1H

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20200804204059p:plain

227:I/O1フィールドバス通信速度 3(5Mbps)

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20200805203807p:plain

14:I/O1フィールドバスリモート入力使用ポート数 384(4局占有)

15:I/O1フィールドバスリモート出力使用ポート数 384(4局占有)

広告


CC-Link接続仕様 IO・データレジスタ

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20200804204119p:plain

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20200804204210p:plain

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20200804204245p:plain

広告


終わりに

IAIの補間制御を行う際には必ずSELコントローラが必要となります。

ただ、あまり資料が出回っておらず、初めて使用する人には非常にハードルが高いでしょう。

少しでも参考になって頂ければと思います。