【中級編】KEYENCE製PLC KV-8000シリーズ Ethernet/IP設定方法

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20210418232317p:plain

KEYENCE製PLC KV-8000シリーズには標準でEthernet/IPが接続可能であり、キーエンス製センサーを使用することによってセンサーの測定値をPLCに取り込むことがEthernet/IPなら容易となります。

Ethernet/IPは伝送種類:10BASE-T/100BASE-TX、通信速度:10/100Mbpsであり、従来のCC-Linkなどのシリアル通信方式、いわゆるRS-485ベースの通信方式を超える速度で通信が可能です。

Ethernet/IPはその名の通り、Ethernetの通信ベースでありながらリアルタイム性を確保した産業の通信インターフェースであり、今後の産業業界を支える通信システムであると言えます。

キーエンス製PLCはこのEthernet/IPに対応しており、三菱電機製PLC iQ-Rシリーズにもユニットを設置すればEthernet/IPに対応することが可能となります。

今回はキーエンス製PLCのKV-8000シリーズ Ethernet/IPの設定方法を紹介します。

www.niwakafa.com

広告


KV-8000シリーズ Ethernet/IP設定方法

KV-8000シリーズ Ethernet/IP設定
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20210414102046p:plain

Point.CPUユニット部分のユニット構成からEthernet/IP設定をクリック

オートコンフィグレーション
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20210414102111p:plain

Point.実機を接続しているならオートコンフィグレーション機能を使用

実機を接続しているならオートコンフィグレーション機能を使用すれば簡単にセンサーを自動で抽出してくれます。

IPアドレスを設定
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20210414102120p:plain

Point.IPアドレスをそれぞれに設定していく

自由にIPアドレスは設定可能ですが、自分がわかるように設定するようにしましょう。

デバイスコメント 自動反映
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20210414102131p:plain

Point.デバイスコメントを開き右クリック➡ユニットデバイス登録

ユニットデバイス登録を行えば簡単にデバイスコメントを反映することが可能です。

取扱説明書を開いてデバイスコメントを入力することがなく、なんとなくでもデバイスコメントからプログラムを作成することが可能となります。

デバイスコメント反映結果 リンクリレー
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20210414102139p:plain

デバイスコメント反映結果 リンクレジスタ
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20210414102250p:plain

まとめ
・CPUユニット部分のユニット構成からEthernet/IP設定をクリック
・実機を接続しているならオートコンフィグレーション機能を使用
・デバイスコメントを開き右クリック➡ユニットデバイス登録



www.niwakafa.com
www.niwakafa.com
www.niwakafa.com
www.niwakafa.com