【中級編】PLC(シーケンサ)のGX Works3によるiQ-RシリーズCPU通信設定方法 ーCC-Link IE Filed編ー

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20201224022614p:plain

三菱電機製PLCにはシリアルベースの通信方式CC-Linkというものがあり、RS-485を基にし他社機器と大量のデータ送受信を行うことができるようになりました。

CC-Linkの通信速度は最大で10Mbps、Ver1.0ですと2048ビット、256ワード使用でき、様々なメーカーと通信ができます。

このCC-LinkをEthernetベースにし通信できるようにしたのがCC-Link IE Fieldであり、CC-Link IE Fieldは高速通信1Gbps、16384ビット、8192ワードとCC-Linkとは比較にならないくらい性能を上げました

CC-Link IE Field 性能f:id:vv_6ong_3ka_cp:20201222050551p:plain

CC-Link IE FieldはQシリーズでも設定可能でありますが、今回はGX Works3を用いてiQ-Rシリーズを使用した際にCC-Link IE Fieldから各ローカル局のPLC(シーケンサ)へアクセスしプログラムの読み書きを行うように設定します。

iQ-Rシリーズ CPU通信設定方法 -USB、Ethernetー
www.niwakafa.com


広告


CC-Link IE Fieldの通信設定方法

iQ-Rシリーズ CC-Link IE Field接続構成
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20201222161436p:plain

上記のようにCC-Link IE Fieldのハード構成を行っているものとし、余っているPLC(シーケンサ)のCC-Link IE Fieldのポートへ接続します。

GX Works3 オンライン
f:id:vv_6ong_3ka_cp:20201222161448p:plain

1.オンラインを選択し、『現在の接続先』を選択

f:id:vv_6ong_3ka_cp:20201222161510p:plain

2.パソコン側I/F Ethernetボードを選択

3.Ethernetボードをダブルクリックし、アダプタ設定を行う。 ※それぞれのPCによる

4.シーケンサ側I/F CPUユニットを選択

5.CPUユニットをダブルクリックし、RCPUとEthernetポート直結接続を選択

6.他局指定 他局(単一ネットワーク)を指定

7.ネットワーク通信経路 CC-Link TSN CC-Link IEを選択

8.CC-Link TSN CC-Link IEをダブルクリックし、プログラム編集したPLC(シーケンサ)の局番を指定

9.通信テストを行い、良ければ『OK』ボタンを押す

上記方法で行うことによって、CC-Link IE Fieldで通信を行うことができます。

Point.設定が正しいのに通信ができない場合、一度パソコンを立ち上げ直して下さい。

www.niwakafa.com

広告


www.niwakafa.com

www.niwakafa.com

www.niwakafa.com