初級編

【初級編】三菱電機製タッチパネルGOT2000シリーズの選定方法

現在の工場ラインでは調整するためのパラメータが多いため、タッチパネルを導入することが多いです。 タッチパネルは便利で、パラメータをタッチパネルから変更できるとなれば、現場の作業者でも容易に調整作業を行うことができます。今回は設計者が工場ライ…

【初級編】FA電気設計の基礎!FAとは何か?ハード設計~ソフト設計方法と設計手順一覧を公開!

FAとは、『Factory Automation』の略称であり、工場の生産ラインを自動化するという意味です。FAの電気設計とは、『工場の生産ラインを自動化するための電気制御部分を一挙に担い、生産ラインとオペレータ(作業者)とを繋ぐ架け橋になるように設計する部署…

【初級編】三菱電機インバータFR-E700シリーズの運転方法

モータの回転数を制御するために使用されているインバータをご存じでしょうか。電磁開閉器を使えば一定速度で回転させることができますが、速度の微調整が出来ないため多品種生産がある場合などはインバータを使うことが多いです。 今回は三菱電機製インバー…

【初級編】PLCとはーProgrammable Logic Controllerー

PLCをご存知でしょうか。PLCとは『Programmable Logic Controller』と呼ばれ、日本では『シーケンサ』とも呼ばれています。『シーケンサ』は三菱電機製品のPLCの事を指しており、日本でのシェアが高いためシーケンサと多くのエンジニアは呼んでいるのです。…

【初級編】PLC(シーケンサ)でビットデバイス反転出力FF命令(フリップフロップ)

PLC(シーケンサ)でビットデバイスの出力を反転する指令『FF』があります。 この指令を使用すると簡単にビットデバイスをONしたりOFFしたりすることができます。フリップフロップ回路というものもありますが、これがあれば簡単に処理することができます。 た…

【初級編】電気設計の基礎!ブレーカー(配線用遮断器)の選定方法

ブレーカー(配線用遮断器)は何のためにあると思いますか?回路保護?機器の保護?…正解は『配線の保護』です。回路保護や機器の保護などと考えていた方は、まだ設計業務に携わったことがない人だと思いますので、ぜひこの記事を一読して頂きたいと思います。

【初級編】電気設計の基礎!PLC(シーケンサ)のプログラム設計方法

PLC(シーケンサ)のプログラム設計はどのようにすれば良いか。 経験がない方、少ない方はプログラムの設計方法をよく知らないと思います。実際、PLC(シーケンサ)のプログラム設計は、機械動作や生産の運用方法、機械およびヒューマンエラー時の復旧方法等、数…

【初級編】PLC(シーケンサ)のGX Works2でデバイス一括変換方法

プログラム作成をしていると、入力や出力、あるいはデータレジスタなどがずれてしまうことやずらさないといけないということになったことはないでしょうか。そのような場合、GX Works2では簡単にデバイスを変更することができます。それがデバイス一括変換で…

【初級編】KEYENCE(キーエンス)製PLC(シーケンサ)のシミュレーション方法

三菱電機製のPLCしか取扱をしていなかったので、KEYENCE(キーエンス)製のPLCも使えるぞというアピールをしていきたいと思います。笑 三菱電機製のPLCとKEYENCE製のPLCの違いは正直言うと命令の名称やデバイスの名称が少し異なるだけなので、他社PLCを使用す…

【初級編】PLC(シーケンサ)のGX Works2プログラム容量確認方法

自分の作成したプログラムが一体どれくらいの容量なのか確認したことはあるでしょうか。プログラムを試運転前に作る重要な理由としては、プログラム容量を確認することでもあります。 プログラム容量がオーバーする場合はPLC(シーケンサ)のCPUを交換する必要…

【初級編】PLC(シーケンサ)のGX Works2ステートメント色変更方法

GX Works2を使用していると、「あれ?ここ少し色違う?」ということがあると思います。 それは、GX Works2の設定で変更可能ですので、紹介したいと思います。

【初級編】電気設計の基礎!制御盤設計方法

今回は電気設計の基礎である制御盤の設計方法について説明していきたいと思います。この記事を見に来た方の多くは設計の経験が少ない方であると思います。 なぜそれがわかるか。それは設計とは経験値がものを言う世界であるからです。設計経験が多い方は、自…

【初級編】PLC(シーケンサ)選定方法 -Qシリーズ-

今回は過去に紹介した電気設計手順の中のPLCの選定手順について詳しく解説していこうと思います。選定方法は各企業や客先仕様にもよりますので、私の独断と偏見で行います。 ですので、参考として下さい。

【初級編】Excel(エクセル)で10進数表記を16進数表記に変換

数値の表示方法は様々あります。私たちの身近な表示として、10進数があります。10進数とは0~9の数を使い数値を表示します。しかし、FA機器では10進数はあまり使用されず、2進数や8進数、16進数などが多く使われています。今回はFAでよく使用される16進数をE…

【初級編】FA工場で使われるセンサーについて

FA現場では、食品や段ボール、ウェットティッシュなど様々な搬送物があります。 それらを正確に検出することで、搬送物を制御することができ、様々な搬送をすることができます。今回はそんな電気屋の命とも言えるセンサーについて紹介したいと思います。

【初級編】PLC(シーケンサ)のフォトカプラ、トランジスタ

PLC(シーケンサ)には入力と出力があります。 入力はセンサーや押しボタンスイッチがONしたことを判断することができ、出力はモータの駆動やランプの点灯をさせることができるということです。PLC(シーケンサ)はどのような機器を使用しているか説明していきた…

【初級編】自己保持回路

電気屋さんの基礎である自己保持回路について説明したいと思います。

【初級編】PLC(シーケンサ)のデータレジスタの文字列の扱いについて

品種名の設定はデータレジスタの文字の取り扱いの概念から知る必要があります。 難しくはありませんので、概念から説明し、タッチパネルで格納・表示と説明したいと思います。

【初級編】PLC(シーケンサ)のモニタモード、RUN中書き込みーシミュレータモード編ー

PLC(シーケンサ)を扱う上で必要になるのがモニタモードとRUN中書き込みです。必要な理由としては、動作が正常に行われているかやすぐに変更したい時などに使用するからです。 今回はその方法を三菱電機のQ03UDVCPUで説明したいと思います。

【初級編】PLC(シーケンサ)のデバイスとは

前回紹介しました 下記の"【初級編】GX Works2(三菱電機)の立ち上げ" が完了しましたら、次はプログラムを作成します。www.niwakafa.comPLCのプログラムを組むうえで必要となるのがデバイスです。 デバイスについて紹介します。

【初級編】GX Works2(三菱電機)の立ち上げ

PLCを動かすにはプログラムを入れる必要があります。その作成方法を記述していきたいと思います。様々なPLCやソフトがありますが、今回はPLC:Q06UDHCPU、ソフト:GX Works2とします。 ソフトはインストールが前提であり、インストールの説明は省略させて頂…

【初級編】PLC(シーケンサ)の入力、出力

今回は下記にある"【初級編】PLCとは"に引き続き、PLCの基礎である入力、出力について紹介したいと思います。www.niwakafa.com説明する機器は三菱電機のQシリーズです。他にも三菱電機のFXシリーズやキーエンスのKV-7000シリーズなどがありますが、これらを…

【電気設計手順】紹介します!

製作の流れ 1.エンドユーザーとの仕様打ち合わせ 2.機械設計との仕様打ち合わせ 3.ハード設計 4.ソフト設計 5.試運転調整 製作の流れ1.エンドユーザーとの仕様打ち合わせ2.機械設計との仕様打ち合わせ3.ハード設計4.ソフト設計5.試運転調整 1.エンドユ…