中級編

【中級編】PLC(シーケンサ)三菱電機製iQ-Rシリーズ 入力ユニットRX42C4による高速入力設定方法

iQ-RシリーズはQシリーズ同様に高速入力という通常の応答時間よりも早い入力信号を受け取ることのできる機能があります。www.niwakafa.comQシリーズでは入力ユニットを高速タイプQX42-S1やQX41-S1というタイプを選定しなければなりませんでしたが、iQ-Rシリ…

【中級編】IAI RSELのCC-Link設定方法

IAIの補間制御を行う際にはSELコントローラが必要となります。2020年、最新のSELコントローラはRSELとなります。MSELやXSELとはハード面で異なり、2軸ずつ増設可能であり、ソフト面はSEL言語プログラムで統一されています。そんなRSELコントローラのCC-Link…

【中級編】AnyWire ーAS-Linkシステム GX Works2設定ー

AS-Linkシステムを構築した後、重要なのがプログラム GX Works2の設定です。どのようにセンサー入力が設定できるのか、その辺りを紹介していきます。関連記事 www.niwakafa.comwww.niwakafa.comwww.niwakafa.comPLC設定 上記のように選定したPLCを設定します…

【中級編】AnyWire ーAS-Linkシステム センサー設定・アドレスライターARW-04ー

最近紹介していますAnyWireのAS-Linkシステム、そのセンサーのアドレスやパラメータの設定がアドレスライターARW-04で行うことが可能です。その方法について解説していきます。関連記事www.niwakafa.comwww.niwakafa.com広告 (adsbygoogle = window.adsbygoo…

【中級編】AnyWire ーAS-Linkシステム構築ー

AS-Linkシステム構築AS-Linkシステムは2線式と4線式があります。違いとしては、4線式は途中給電可能であるが、2線式はできないという点だけです。電源供給の計算をしっかり行ってさえいれば、余程のことがない限り、2線式でシステム構築をすれば問題ないはず…

【中級編】AnyWire ーAS-Linkとはー

AnyWireというメーカーの『AS-Linkシステム』このシステムは、今後のFAラインのIoTシステムを支える基盤となるであろうものです。どのようなシステムなのか。それは、センサーの見えるか、つまりセンサーの受光量やしきい値、設定値などが全て可視化でき、PL…

【中級編】PLC(シーケンサ)によるインデックス修飾Z0を用いたFOR~NEXT命令使用例

繰り返し命令 FOR~NEXT参考プログラム解説インデックス修飾が最大限に使用できるのはFOR~NEXT指令だと思います。D10100にインデックスレジスタZ0を修飾することによって、D10100Z0 = D10100 + Z0のデータレジスタを編修することができます。今回は、Z0に初期…

【中級編】IAI ロボシリンダ現在位置とフィードバック値とのズレ ーカップリングのゆるみー

IAIの単軸ロボシリンダを使用している際に、現在位置とフィードバック値とのズレが生じてしまうことがあります。要因としていくつか考えられますが、今回生じたのはカップリングの緩みでした。上記画像部分の接続ですね、これの締め付けをしっかり行っていな…

【中級編】IAI SCON-CB ブレーキ付モータ配線・設定方法

SCON-CB外観画像のように、ブレーキ解放用電源DC24Vを接続する部分があると思います。コントローラ↔️モータ接続ブレーキ解放用電源配線図 BK+:DC24V、BK-:0Vブレーキ解放用パラメータ No.75 電磁ブレーキ電源監視:1パラメータNo.75電磁ブレーキ電源監視を…

【中級編】IAIコントローラ USB通信ケーブル接続設定方法

IAIコントローラはCC-Link通信やフル直値などモードが様々あり、それらは購入者の用途によってパラメータを変更する必要があります。パラメータを変更するためには、PCよりIAIソフトウェア『』を立ち上げ、USB変換ケーブルにてパラメータを書き込む作業が必…

【中級編】データレジスタの検索方法 ー最大・最小・最大デバイスNo.ー

下記のこの記事ですね、電気設計人さんが分かりやすい解説でMAXやMIN命令について記述してありました。denkisekkeijin.comいつもわかりやすい解説で、私もこのようにできたらと日々感じております。MAXやMIN命令は、データ処理上で使われることが多く、身近…

【中級編】キーエンスVT5シリーズによるグローバル機能ーグローバルウィンドウ表示ー

キーエンスのタッチパネルでグローバルウィンドウをPLCから表示させるためには、グローバル機能を使用する必要があります。三菱電機のタッチパネルはデバイスに値を書き込めば表示されるので、その辺りが違いとなります。

【中級編】PLC(シーケンサ)によるQシリーズ+キーエンスVT5シリーズEthernet接続設定

キーエンスのタッチパネルと三菱電機のPLCとEthernet通信する場合の設定方法を紹介します。他社同士の通信となりますので、双方で多少の設定が必要となります。

【中級編】GT Designer3による3Dシミュレーション作成方法

最近3Dシミュレーションについての記事を書いているのですが、どのようにして3DシミュレーションをGT Designer3で設定しているのかを説明していませんでした。新しい環境で3Dシミュレーションを構築したいと思いましたので、ついでに3Dシミュレーションの方…

【中級編】PLC(シーケンサ)によるGX Works2&MT Developer2&GT Designer3の連携シミュレーション設定方法

以前紹介したGX Works2 & MT Developer2 & GT Desiger3との連携シミュレーションですが、どのような設定を行えばよいかという部分を省略してしまいました。GT Desiger3には、GX Works2とMT Developer2と通信ができるシミュレーション設定があり、この設定を…

【中級編】カム制御とは -機械カムから電子カムへ-

モーションコントローラ カテゴリーの記事一覧 - FA電気設計屋の技術倉庫みなさんは『カム』というものをご存じでしょうか。カムとは運動要素を変える機械要素であり、エンジンなどに使われております。カムを使用しますと、一つのモータを回すだけでたくさ…

【中級編】PLC(シーケンサ)のGX Works3の信号機シミュレーション -ステップラダー-

ステップラダーをご存知でしょうか。ステップラダーとは、工程歩進によって組まれるラダーです。 簡単に言うと現在の動作が完了したら次の動作へ移行するということです。ステップラダーといっても様々な手法があり、今回は私が単純に思いついたステップラダ…

【中級編】PLC(シーケンサ)のCC-Linkによるインバータ運転のプログラム作成例

PLC(シーケンサ)でCCLink通信をすると省配線でインバータへ運転周波数や運転信号を出力したり、インバータの異常を入力したりすることができます。CC-Link通信はIO制御と多少異なりますが、リンクデータレジスタが増えるくらいであまり制御プログラムは変わ…

【中級編】PLC(シーケンサ)のGX Works3シミュレーション方法 -シミュレーター起動方法-

三菱電機製PLC(シーケンサ)のiQ-Rシリーズなどを使用する場合、専用のソフトウェアGX Works3を使用します。GX Works3を立ち上げたら、プロジェクトを作成し、プログラムを記述しましょう。プログラムの作成が完了したら、正常にプログラムが動作するか確認す…

【中級編】三菱電機製タッチパネルGOT2000シリーズの日英(日本語、英語)言語切り替え方法

工場では様々な人が働いており、言語の選択というのは非常に多く要求されるようになって来ました。機械と作業者を繋ぐのはタッチパネルであり、そのインターフェースを充実させるのは電気屋さんの責任であると思います。今後予想される言語切り替えの方法を…

【中級編】PLC(シーケンサ)の三菱電機製インバータFR-E700シリーズ速度設定 -CC-Link通信-

タッチパネルから速度を設定することによって、インバータの周波数を設定できるシステムがあると思います。 このシステムは、 『タッチパネル:速度設定』 ↓ 『PLCでインバータの周波数へ変換』 ↓ ※CC-Link通信 『インバータFR-E700へ出力』 という流れによ…

【中級編】PLC(シーケンサ)のGX Works2でのCC-Link設定 -マスターユニットQJ61BT11N-

PLCでCC-Linkを行う場合、GX Works2でCC-Link設定が必要となります。CC-Link設定を行わないとCC-Linkのシステム構築を行うことができません。 設定は難しいことはなく、簡単に設定することができます。今回はPLCのCC-LinkマスターユニットであるQJ61BT11NのC…

【中級編】三菱電機製インバータFR-E700シリーズのアドバンスト磁束ベクトル制御

低速周波数でモータを使用するとトルク不足が発生します。 トルク不足の際に使用することが多いのが『アドバンスト磁束ベクトル制御』です。アドバンスト磁束ベクトル制御というのは…正直よくわからないです。笑自分なりに解釈したのですが、簡単に説明しま…

【中級編】エンコーダーとは

産業を影ながら支えているエンコーダについてご存じでしょうか。 噛み砕いて説明すると、エンコーダとは内部に円盤があり、一定距離進むと1pulse(パルス)信号を出力してくれるものです。 その出力、つまり信号を出してくれるパターンが3パターンあり、それぞ…

【中級編】PLC(シーケンサ)の入力ユニットQX42-S1の高速入力設定方法

PLC(シーケンサ)の入力ユニットには高速入力が可能なシリーズがあります。このユニットはPLCから書き込む際に設定を行わなければ、高速入力タイプとして認識せず、設定しなければ通常タイプとして機能します。高速入力が必要な例として数msecの入力信号のエ…

【中級編】PLC(シーケンサ)でパスワード入力照合結果表示-GOTシリーズ-

PLC(シーケンサ)でパスワードの入力結果が正しいか、不正なのかを表示する方法を紹介します。パスワードを入力しても反応しないと作業者もわからない部分がありますので、手間が掛かりますが表示するようにしたほうが良いと思います。

【中級編】PLC(シーケンサ)で図形表示、非表示-GOTシリーズ-

PLC(シーケンサ)で図形表示、非表示を行います。この利点としては、強調したい文字などを点滅しながら表示することができることです。

【中級編】PLC(シーケンサ)で論理積WAND指令

PLC(シーケンサ)で論理積WAND指令があります。これは非常に便利な命令であり、今後様々な場面で使うことがありますので紹介します。

【中級編】PLC(シーケンサ)で生産(稼働)時間計測

PLC(シーケンサ)でよくあるのが『生産(稼働)時間を表示』することです。 大きな生産ラインだと生産時間を把握することは重要で、どれくらい稼働して生産しているかという指標になるのです。今回はデータレジスタを使用し生産時間の計測方法を紹介します。

【中級編】PLC(シーケンサ)でプログラム分岐 CJ指令

PLC(シーケンサ)で分岐指令のCJ指令があります。これはC言語で言うとIF文のような働きをすることができる機能で、ある条件時に実行したくない命令を飛ばすことが可能となります。