【PR】にわかFA電気制御教材 検定盤

こういう仮想の検定盤で何度も繰り返し練習できればどんどん成長できるんだろうなぁーやっぱプログラムは作って動作確認までしないと不具合がわからない pic.twitter.com/DognvU8KnW— にわかFA電気屋💡シーケンス制御屋 (@FA36601032) 2020年1月14日現在、電気…

【応用】GX Works3によるiQ-Rシリーズ&シンプルモーションユニットのシミュレーション方法

あまり知られていないGX Works3とシンプルモーションとのシミュレーション方法を紹介します。今まで、GX Works2でサーボモータをシミュレーション上で動かすにはMT Developer2とGT Designer3で色々やらないとダメでした。GX Works3でCPUをiQ-Rシリーズにする…

【PRIVATE】2019年の総括と2020年への抱負

【2019年やること】・月1でFA業界関係サイトや記事を紹介・ツールの基本設定やプログラム作成方法を動画で年6本紹介・サイト運営者と交流を深める・毎月15日にお悩み相談受け付け、30日にまとめて回答スキルアップを兼ねて上記4項目にチャレンジします。— に…

【中級編】PLC(シーケンサ)によるインデックス修飾Z0を用いたFOR~NEXT命令使用例

繰り返し命令 FOR~NEXT参考プログラム解説インデックス修飾が最大限に使用できるのはFOR~NEXT指令だと思います。D10100にインデックスレジスタZ0を修飾することによって、D10100Z0 = D10100 + Z0のデータレジスタを編修することができます。今回は、Z0に初期…

【本日開催】FAに関する疑問受け付けます!ー12月分ー

本日15日よりFAに関する疑問を受け付けいたします!ご回答は今月30日にまとめて行います。ご気軽にご相談下さい。

【上級編】モーションSFCをラダー同様の処理で作成

参考プログラム解説[ メインプログラム ] : 自動起動↓ ← P0:リターン先[ 異常処理 ] : メインプログラムからの起動。モーションCPUやサーボエラーで全軸停止する、またリセット処理も含む↓[ WAIT ] : 2重起動インターロック↓[ 手動操作 ] : メインプログラ…

【上級編】PLC(シーケンサ)によるBSET命令を用いたFOR~NEXT命令使用例

ワードデバイスのビットセット BSET※ワードデバイスのビットセットはSET命令でも可能ですが、ワードデバイスのビットインデックス修飾ができないです。繰り返し命令 FOR~NEXT参考プログラム解説・現在時刻『秒』が今、どこの範囲にいるかを判断するプログラ…

【質問祭】11月のご質問、回答

なかなか期日が守れなくて申し訳ないです。質問が頂けるのは、様々な人に当ブログを見ていただいているということで、嬉しく感じております。では、11月のご質問回答をしていきます。

【中級編】IAI ロボシリンダ現在位置とフィードバック値とのズレ ーカップリングのゆるみー

IAIの単軸ロボシリンダを使用している際に、現在位置とフィードバック値とのズレが生じてしまうことがあります。要因としていくつか考えられますが、今回生じたのはカップリングの緩みでした。上記画像部分の接続ですね、これの締め付けをしっかり行っていな…

【本日開催】FAに関する疑問受け付けます!ー11月分ー

本日15日よりFAに関する疑問を受け付けいたします!ご回答は今月30日にまとめて行います。ご気軽にご相談下さい。

【中級編】IAI SCON-CB ブレーキ付モータ配線・設定方法

SCON-CB外観画像のように、ブレーキ解放用電源DC24Vを接続する部分があると思います。コントローラ↔️モータ接続ブレーキ解放用電源配線図 BK+:DC24V、BK-:0Vブレーキ解放用パラメータ No.75 電磁ブレーキ電源監視:1パラメータNo.75電磁ブレーキ電源監視を…

【中級編】IAIコントローラ USB通信ケーブル接続設定方法

IAIコントローラはCC-Link通信やフル直値などモードが様々あり、それらは購入者の用途によってパラメータを変更する必要があります。パラメータを変更するためには、PCよりIAIソフトウェア『』を立ち上げ、USB変換ケーブルにてパラメータを書き込む作業が必…

【中級編】データレジスタの検索方法 ー最大・最小・最大デバイスNo.ー

下記のこの記事ですね、電気設計人さんが分かりやすい解説でMAXやMIN命令について記述してありました。denkisekkeijin.comいつもわかりやすい解説で、私もこのようにできたらと日々感じております。MAXやMIN命令は、データ処理上で使われることが多く、身近…

【本日開催】FAに関する疑問受け付けます!ー10月分ー

本日15日よりFAに関する疑問を受け付けいたします!ご回答は今月30日にまとめて行います。ご気軽にご相談下さい。

【質問祭】9月のご質問、回答

仕事・プライベートで更新できず申し訳ないです。自己管理不足です、すみません。こういう記事の更新は日々の心掛けというか、段取りというか、そういうのが必要かなと思います。では、9月のご質問回答をしていきます。

【応用】PLC(シーケンサ)によるGX Works3を用いたエレベータ制御ー製作①ー

以前も行いましたエレベータ制御です。エレベータってご存じですよね?箱があって、人が乗って、上昇・下降するものです。機構がどうこうという話はしません。あくまでもソフトの話をします。前のソフトを使えば簡単に終わってしまうので、オセロゲームと同…

【入門編】GT Designer3によるタッチパネル講座003 ー画面切替デバイス設定ー

終わりにGD100はタッチパネルの内部デバイスです。これをPLCのデータレジスタにすることでPLCからタッチパネル画面切り替えができます。広告 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

【入門編】GT Designer3によるタッチパネル講座002 ーPLC通信方法設定ー

終わりにたいした設定は行いませんので、参考にしてみてください。広告 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

【PRIVATE】200記事突破と今後のにわかFA電気屋について

たかだか200記事書いたというだけです。私の場合、かなり省略して記述しているため、他サイトよりも質がどうしても落ちてしまいます。200記事に対して、質は伴っていませんが、私の一つの区切りとして報告させて頂きます。

【PRIVATE】良いプログラムと悪いプログラム

べつに自分のプログラムが優れているということを言いたいわけではない。まだまだ未熟者、先輩方からの指導・意見を取り入れていきたい。と思わなくなった話。 私の定義する良いプログラムとは、ステップ数が少なく調整が利くもの。悪いプログラムは良いプロ…

【本日開催】FAに関する疑問受け付けます!ー9月分ー

本日15日よりFAに関する疑問を受け付けいたします!ご回答は今月30日にまとめて行います。ご気軽にご相談下さい。

【にわかFA講座】開講のお知らせ

現在、FA電気設計屋の技術倉庫は『GX Works3』『GT Designer3』『MT Developer2』『制御盤設計』と4つの講座らしきものがあります。これらは基本的な知識を紹介するものであり、ハード・ソフトの一部分しか抜粋しておらず、初心者に対して具体的にそれで何が…

【質問祭】8月のご質問、回答

8月も終わりに入り、涼しい季節になってきました。今、様々な仕事に取り組んでおり、自分なりに色々な技術が上がってとても良い経験をしているなと思います。やはり、私はマネージャというよりプレイヤになって仕事をしていたいと思いますが、なかなか難しい…

【上級編】シンプルモーションユニットQD77MSによるサーボ同期制御設定ーカム制御設定ー

サーボの同期制御は設定をしっかり行っていれば、同期制御のフラグをONして終わりとなります。最近は解説というより、参考を提示するスタンスなので、参考を眺めて頂ければと思います。

【上級編】安川電機6軸ロボットーYRC1000 CC-Link接続ー

安川電機ロボットはCC-Linkで通信することができます。オプションとなりますが、ロボットを制御するためには必要なものだと思います。CC-Link通信の仕様を紹介します。

【PRIVATE】プログラムは何でもできるのか?それはソフト屋の技量次第

プログラムは料理と同じ。作る人によってメニューの量や味が異なります。★こういうプログラムを作れるか⏩技量★美味しい⏩完成度★醤油などのお客様自身の味付け⏩移動量や時間などの調整幅同じ料金を払うなら、一流の料理人に仕事を頼みたいというのがお客様の…

【上級編】安川電機6軸ロボットーYRC1000 配線接続ー

PLCとロボットとの通信はよくあることで、今後も増えてくるでしょう。今回は安川電機の6軸ロボットについて紹介します。ロボットといっても色々あり、その定義もしっかりなされています。おそらく皆さんが想像しやすいのは6軸ロボットと呼ばれるものです。今…

【上級編】シンプルモーションユニットQD77MSによるサーボ同期制御設定ーエンコーダ入力ー

コンベヤ同士を同じ速度で同期させたいことはないでしょうか。同期方法は様々ありますが、エンコーダ入力をシンプルモーションユニットへ接続し、同期制御用のカム曲線を設定して行う一例を紹介していきたいと思います。

【中級編】キーエンスVT5シリーズによるグローバル機能ーグローバルウィンドウ表示ー

キーエンスのタッチパネルでグローバルウィンドウをPLCから表示させるためには、グローバル機能を使用する必要があります。三菱電機のタッチパネルはデバイスに値を書き込めば表示されるので、その辺りが違いとなります。

【上級編】キーエンスVT5シリーズによるバーコードリーダUSB接続設定

製品のバーコードを読み取って振り分け、そのようなことは多いのではないでしょうか。特に搬送能力、トリガーが必要ない場合、タッチパネルのUSBに接続を行い、バーコードリーダの情報をPLCへ転送します。今回は、キーエンスVT5シリーズのバーコードリーダUS…